ロ−カルニュ−ス

目次
1. 白浜のオオワシ若鳥
2. ホシガラスの見た海
3. 「すずめ」
4. 私の師は自然
5. こどものころ見た野鳥
6. 里山に抱かれて
7. 野鳥といっしょの暮らしの中で


〜〜〜 北海道より近い? 〜〜〜
長生郡長生町  黒羽良子
「2月の半ば頃には帰っちゃうらしいよ!!」でも、ちょっと遠いし、寒いし なぁ〜... 躊躇していたら、「北海道より近いよ!!」とまたメールが届きました。


分かった、明日午前中に行くから...」と、決まるときはこんなもの。
翌日はポッと暖かな日差しに戻った日でした。白いかたまりが田んぼの中にぽつぽ つと 一面に散らばっていました。


これが白鳥の飛来地?と首をかしげたくなるような場 所で した。
近くには印旛沼があるというのに、また何でこんな田んぼの真ん中に? その年、工事の為田んぼの一部に水を溜めていたところ、6羽の白鳥のファミリー が訪 れ、そして翌年には12羽、そして...毎年増えていったそうです。


この日、私は200羽くらいかな...と思っていると、少し離れた所で「400羽位か な〜」と いう声がしました。


もしかして野鳥の会の方だったのでしょうか?

ため池に浮かんでいるだけではなく、枯れた田んぼの日だまりにもうずくまる白い 鳥た ちにとって、ここは安心出来る環境なのですね。
水田の一部を鳥たちのために確保し、農薬にも気を付けているだろう近隣の方々の 思いやりと努力を考えると、心の中まで温かくなりました。


本埜村のみなさん有り難う ござ いました。
思い切って出掛けて良かった。体調を悪くして入院、通院に明け暮れていました が、こ れでまた鳥に会いに出掛けることができそうです。
友人の誘いにも感謝。



「ギャラリ−」、「ロ−カルニュ−ス」、「見た鳥」の各コ−ナ−では、
皆さんからの 投稿を 募集しています。