小 櫃 川 探 鳥 会

小櫃川とは

小櫃川河口干潟は、清澄山系を水源とする小櫃川が東京湾へ注ぐ河口部に円弧状に広がります。


最大干潮時1.5〜2km沖合まで干出する前浜と、ヨシに覆われた塩湿地の後浜とを備えた東京湾最大の自然干潟です。


前浜では、春・秋は渡り途中のシギやチドリが、冬は越冬するハマシギやカモの群れ等、数多くの渡り鳥を観察することができます。


また、ダイビングして魚を捕るミサゴなどの猛禽類やカモメ、サギ、カワウ等が、ヨシ原では、セッカ、オオジュリン等の小鳥の仲間と出会うことができます。


潮の引いた干潟をゆっくり歩くと、カニや貝や沢山の生きもの達が食物連鎖の底辺となって海水を浄化し鳥の餌となりながらここで育ち暮らしている事が解ります。


小櫃川探鳥会の案内

日   時: 偶数月第1日曜日   午前9時30分集合     (雨天中止)
集合場所: 畔戸高須(くろとたかす)入口バス停の南100m。
交   通: @ 木津津駅西口2番バス停より三井アウトレットパーク行きバスに
   (午前9時)乗車、畔戸高須入口バス停にて下車。
A JR巌根駅から徒歩20分。
注  意: 干潟の歩行にはゴム長靴が必要です。